仮想通貨のおすすめ取引所!初心者はまずはココから!

仮想通貨のおすすめ取引所!
この記事の所要時間: 931

ビットコインが200万超え!
数年前に買っていた1万円のビットコインが億超え!などと、ここ最近のニュースを騒がしている仮想通貨。
ビットコインについてテレビなどでも頻繁に紹介されるようになり、仮想通貨というものに興味を持っている方も多いのではないでしょうか?

会社のお給料にプラスした収入が欲しい!

仕事が忙しいから時間はあまりない!

そんな方に仮想通貨はかなり注目すべき副業案件と言えるでしょう。
たとえ少額でも持っているだけで5倍、10倍に資産が増える、と言っても何をどうして始めれば良いかわからないという方も多いはず。

仮想通貨を始めるには何よりもまず、仮想通貨を売買する取引所というものを利用しなければいけません。その利用に必要なことは取引所への会員登録。登録はもちろん無料。
いつでも買える状態にだけはしておかないと突然のチャンスにも買うことすらできないのです。

何はともあれ、
ここで紹介する3つの取引所、まずは利用登録だけはしておいてください!

取引所1 ビットフライヤー

ビットフライヤーこちらもテレビCMでもおなじみの取引所ビットフライヤーです。

こちらでも詳しく解説しています。
>仮想通貨の取引所!ビットフライヤーの特徴と取扱銘柄について

ビットフライヤーはユーザー数で国内一を誇り、多くの企業からの出資を受けているため、資本金も41億円以上と、国内随一の規模です。月間取引量も2017年8月には1.5兆円を突破し、アメリカにも進出するなど、今後さらなる成長が期待できます。
 

ビットフライヤーの取り扱い銘柄

2017年12月現在、ビットフライヤーが扱っている銘柄は6種類。

ビットコイン、イーサリアム、イーサリアムクラシック、ライトコイン、ビットコインキャッシュ、モナコイン

アルトコインの取引を中心に行いたいという人には、やや物足りないかもしれませんが、ビットコイン以外の取引はあまり考えていないという場合や、これから少しずつアルトコインにも投資をしていきたいという人には十分かもしれません。

ビットフライヤーの登録はこちらから
 

ビットフライヤーの手数料

ビットフライヤーを利用して仮想通貨の取引を行うときも、やはり手数料が必要になります。ビットフライヤーで口座にお金を入金するには「クイック入金」「銀行振り込み」「クレジットカード決済」の3つの方法があります。

「クイック入金」は324円に金融機関の振込手数料がかかりますが、24時間利用できるため、取引を急いでいる人にとっては便利。

また、クレジットカードもすぐに取引ができる手軽な方法ですが、ビットコイン販売所での値段にクレジットカードの手数料が上乗せされます。クレジットカードの手数料に関して、ビットフライヤーでははっきりと明示してはいませんが、7~10%程度と言われています。

出金する場合にも手数料が必要で、ビットフライヤーと提携している三井住友銀行の場合、出金額3万円未満は216円、3万円以上は432円。それ以外の銀行の場合は、出金額3万円未満は540円、3万円以上は756円となります。微妙な違いですが、出金量が多くなると馬鹿にならないコストとなるため、ビットフライヤーを利用するときは三井住友銀行を利用するとよいでしょう。

実際の取引では、ビットフライヤーには「ビットコイン販売所」「取引所」などがあり、どこで取引するかによって手数料が異なります。販売所の手数料は「無料」となっていますが実際にはスプレッドが上乗せされているため、実際には高くついてしまいます。

そのため、ビットフライヤーでは「ビットコイン取引所」と「ライトニング現物取引」が取引の中心となります。これらで取引を行う場合の手数料は0.01%~0.15%。手数料には幅がありますが、これは過去30日間の取引量によって変動し、取引が多かった場合ほど低率の手数料が適用されます。

また、「ライトニングFX」という取引形式の場合、手数料は無料になりますが、「スワップポイント」という金利がかかります。

そのため、ビットコインの取引回数が多い人の場合は「ビットコイン取引所」か「ライトニング現物取引」、長期投資ではなくデイトレードの場合は「ライトニングFX」など、ある程度勉強をして、自分がどのような取引をしたいかしっかり理解して、使い分ける必要があります。

こちらも手数料が高いと感じるかもしれませんが、ビットフライヤーでは、不正ログインが行われて仮想通貨がなくなってしまった場合、紛失した分のお金を補填するサービスを設けています。

ビットフライヤーでは自社のブロックチェーン技術や独自の決済サービスを行っていて、セキュリティの面でも、取引所の中では最先端の技術を導入、仮想通貨を不正取得されるリスクを可能な限り低くしているため、手数料をその分のコストだと考えることもできるでしょう。

ビットフライヤーへの登録と管理画面

仮想通貨の取引ではアプリなどの使い勝手も重要になりますが、ビットフライヤーの場合、やや使い勝手に難があると言われています。

複数の通貨の取引を行っている場合、別の通貨のチャートを見ようとすると、いちいち操作を行わなければならないなど、やや使いにくさが指摘されています。そのほか、ただし、ビットコインだけしか取引をしないという場合にはそれほど不自由を感じないかもしれません。

 
ビットフライヤーの登録はこちらから
 
 

取引所2 Zaif ザイフ

最後はZaif(ザイフ)です。

Zaifは、国内で最初にモナーコインの取り扱いを開始した仮想通貨取引所です。先でご紹介したcoincheck、bitflyerと並ぶ代表的な仮想通貨取引所、御三家の一角となります。

こちらでも詳しく解説しています。
>仮想通貨の取引所!Zaifの(ザイフ)の特徴と取扱銘柄について

メディアへの露出はあまり目立ちませんが、お笑い「かまいたち」とYouTubeで動画配信、TwitterではホリエモンがZaifに関するツイートをしていたりとその認知度をじわじわと高めています。

Zaifは何かと個性的な取引所でもあるのですが、その特徴の一つが手数料をもらえるといったところが挙げられます。

「手数料を取られるの間違いでは?」

という方もいるでしょうが、Zaifでは手数料をもらえるようになっているのです。

通常、仮想通貨の取引においては手数料を取られるものです。しかしZaifでは取引手数料マイナス0.01%を謳っています。要は、0.01%分をもらえるのです。

さらに、キャンペーンになるとマイナス0.05%になることもあるので、チェックを怠らないようにしたいものです。ただ、この手数料がもらえるのは、本人確認書類の提出をしたユーザーのみです。

Zaifはもともと本人確認なしのメールアドレスだけでも口座を作ることができます。しかし、メアドだけで口座を作った場合にはこのメリットを享受することができません。

手数料をもらうのであれば、本人確認書類の提出は必須です。

本人確認は免許証、パスポートの画像を送るだけですので、本人確認までしっかり済ませておくようにしましょう。

また、手数料をもらえるだけでも斬新なのですが、Zaifは他にも変わったサービスを提供しています。

それがコイン積立です。

将来のために定期預金で自動積立をおこなっているという方もいるでしょうが、これをビットコインでできるのがコイン積立です。毎月27日に引き落とし、そのお金でビットコインを購入していきます。

ビットコインの価格は変動していますが、翌月10日から翌々月9日まで毎日買い付けることで、高値で買い付けた翌日に急落して後悔するといったことを防いでくれます。積立可能額も1000円から出来て、1000円単位でできるので、気軽に利用することができます。

コイン積立には手数料が取られますが、この手数料も1回の引き落とし金額が大きくなればなるほどお得になります。

そして、Zaifにはログインボーナスもあります。

Zaifでビットコインの取引をすると、前日のビットコイン残高の0.01%をログインボーナスとして受け取ることができます。しかも、毎日ゲットすることができますので、毎日のログインし、コツコツとビットコインをためていきましょう。

ただ、このログインボーナスには3つの条件があります。

1. 本人確認済みであること。

2. 前日のビットコイン残高が3.0BTC以上であること。

3. 直近3ヶ月の取引高が10万円以上あること。

この3つが条件となりますが、先で挙げたコイン積立をしている場合には、直近3ヶ月の取引高が10万円以上であるという条件が免除されることになります。

Zaif取引所への登録自体も5〜10分程度で完了しますので本人確認までしっかり登録しておきましょう。

↓登録はコチラの公式サイトから↓ Zaifの登録はこちらから
 
 
 
 

注目の取引所

仮想通貨を始める方、興味のあるかたがまず始めにやるべきことが取引所への利用登録。登録しておくべき取引所を紹介いたしました。

ここまで爆上がりしたビットコインがまたさらに爆上がり!は考えづらいですが、他のアルトコインはまだまだ爆上がりの可能性が大です。実際に2018年の年明け早々にリップルやネムなどは数日間で200%以上の伸びをみせています。

今やビットコインの価格は150万を超えています。

少ない金額が大化け!ビットコインのような爆上がり、今は安いけど1年後には100倍、500倍といった爆上げを期待するなら、やはりアルトコインとなります。

アルトコインの特徴
2017年の急上昇、2018年1月には大きな下落がありましたが、これは一時的なもの。 まだまだ市場拡大と言われている仮想通貨相場から目が離せま...

↑こちらの記事↑でも詳しく紹介をしていますが、
そのアルトコインの取引でオススメの取引所がbinance(バイナンス)です。

バイナンス公式HPはこちら
バイナンス

70種類以上の銘柄を取り扱っているいま注目の取引所です。

中国の取引所ですが、公式サイトは日本語対応もしているのでcoincheck、bitflyer、Zaifと合わせてバイナンスも登録だけはしておくのがオススメです。もちろん登録は無料です。

仮想通貨を始めるなら実際に少額でも実際に取引をしてみるのが一番。リスクなく5,000円くらいで始めてみるのも良いかと。

億万長者!とまでいかずとも、
1万円が10万、5万円が50万に…

ともかく、取引所に登録しないことには買うことすらできませんので今回紹介した取引所だけでも登録だけはしておいてくださいね。


仮想通貨をもっと知りたい!
>仮想通貨とは一体なに?初心者にわかりやすく解説
>仮想通貨の利益。税金逃れができるって本当?
>仮想通貨 ガチホで5,000万運用実践記

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

仮想通貨を始めるならまずは登録
この記事の所要時間: 054

ビットフライヤー bitflyer
ビットフライヤー ビットフライヤー bitflyer
取引量、ユーザー数ともに日本No1の取引所。
【取扱銘柄】
ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ライトコイン(LTC)など6銘

詳細はコチラ公式サイトへ

 

ザイフ Zaif
zaif ザイフ ザイフ Zaif
キャンペーンや企画で手数料が安くなったりと注目の取引所。
【取扱銘柄】
ビットコイン(BTC)、ネム(XEM)、モナーコイン(MONA)など5銘柄とトークン

詳細はコチラ公式サイトへ

 

バイナンス binance
バイナンス バイナンス binance
80種類以上のアルトコインを取扱。世界TOPクラスの取引所。
【取扱銘柄】
ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、トロン(TRX)、トリガース(TRIG)他多数

binance公式サイトへ

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

アルトコインとは?

アルトコインとは?その種類や将来性とおすすめアルトコイン

ビットコインの分裂!

ビットコインの分裂!なぜ仮想通貨は分裂を引き起こすのか

仮想通貨の取引所!ポロニエックスの特徴と取扱銘柄を解説

ペーパーウォレット

仮想通貨を保管するペーパーウォレットとは?仕組みと使い方

リップル【XRP】

リップルとは?XRPの特徴や今後の将来性について

仮想通貨のウォレットとは?安全に管理するウォレットの役割と種類